常に存在し、邪悪なデジタルデバイドは決して増加しない

常に存在し、邪悪なデジタルデバイドは決して増加しない

少し前までは、テクノロジーの人々と政治家が、より大きな亀裂によって第一世界と第三世界を分離すると主張する大きな危機がありました。確かに、米国の富裕層と貧困層をさらに分割し、中流階級の多くの人々が深byに突入し、路上に追い出すことさえ予測されました。これはいずれも実現しませんでした。

今、私たちは、子供またはOLPCごとに1つのラップトッププログラムが勢いを増しており、価格が199.00ドルに下がっていることがわかります。 。したがって、デジタルの格差は決して実現せず、Christian Science Monitorが指摘したように、そもそも加算されなかったようです。

WiMaxとWiFiがますます一般的になるにつれて、インターネットはほぼすべての国で利用可能になりました。地球の遠く離れた地域でも、ほぼすべての場所にインターネットカフェとインターネットへのアクセスがあります。デジタルデバイドはもはや問題ではありません。

現在の最大の問題は、アクセスを得る能力にあるのではなく、一部の国の政府が市民が知識を利用できないようにするために情報を検閲したいという事実にあります。したがって、本当の課題は、テクノロジーの可用性にあるのではなく、人々をコントロールするために、アクセスを制限するための一部の第三世界のリーダーの選択的な動きにあります。

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*