ビジネスサービス管理の混乱を解消しよう

ビジネスサービス管理の混乱を解消しよう

ある会社のパフォーマンス管理は、単に別の名前のサービス管理ですか?最終結果がより良いビジネスである限り、あなたがそれを何と呼ぶか​​は重要ですか?

これらは、インフラ管理に焦点を当てた調査会社であるEnterprise Management AssociatesのリサーチディレクターであるLisa Erickson-HarrisとパフォーマンスのCEOであるNicola Sannaとの2回のインタビューの後、頭に浮かんだ質問の一部でした。管理ソフトウェアプロバイダーNetuitive。

9月のインタビューで、Erickson-Harrisは、サービスレベル管理(SLM)、ITサービス管理(ITSM)、およびビジネスサービス管理(BSM)という用語に関する私の混乱をある程度解消しようとしました。彼女は、SLMがITサービスの応答時間と解決時間により重点を置いている一方で、BSMがより広範なビジネスと収益の目標に直接関係していることを示唆しています。

彼女が彼女の会社によって提示されたウェブキャストの多くの出席者が同様に混乱しているように見えると彼女が言ったとき、私はそれほど無知を感じなかった。

…エンタープライズユーザーと話をすると、少なくともBSMが彼らにとって何を意味するのか、なぜそれが重要なのかについての回答が得られます。 BSMの実装が進行中であることを必ずしも意味するわけではありませんが、BSMの実装を開始し、いくつかのサポート部分を適切に配置し始めていることを意味します。 SLMが始まったとき、それはITをビジネスに近づけ、整合性を高めることだったと思いますが、間に欠けているステップがありました。そのため、SLMの間に別の層(サイロの上に立ち上がる)が必要でした。そして、実際にビジネスを見るために橋を渡る必要がありました。
Erickson-Harris氏によると、ITインフラストラクチャライブラリ(ITIL)への関心と採用の増加がBSMの促進に役立っています。サンナは同意し、BSM / ITILを彼の会社のソフトウェアへの関心を駆り立てている4つのメガトレンドの1つとして挙げました(分散システム、仮想化、リアルタイムデータへの重要性の高まりとともに)。

完全なインタビューを読む:SLMのStar Is Rising

Sannaのインタビュー「システム管理へのスマートの追加」で、企業はサービスをサービス自体に提供できるインフラストラクチャから焦点を移しつつあると説明しています。

このサービスは、これらすべてのテクノロジーレイヤーの上にあります。しかし、(企業)は、ネットワーク上の「グリーン」や「私のせいではない」などに満足していません。しかし、どのように顧客にサービスを提供していますか?私が気にすること。そして、仮想化を展開している間に回答を提供できることを確認してください。
従来のシステム管理アプローチ(Sannaが「ブルートフォース」と呼んでいます)は、非常に労働集約的であり、適切に拡張できず、非常に流動的な仮想化環境に必要な柔軟性に欠けています。彼は、IT幹部の70%が現在のシステム管理ツールにCまたはDのグレードを与えたGartnerレポートを引用しています。
…これは、個々のサーバーを管理する人々に基づいています。個々のシステムを管理することに多くのトラブルと不満がある場合、エンドツーエンドのサービスについて話すことは指数関数的に複雑な問題です。今、あなたは異なるシステム間のこれらの関係のすべてと、それらが互いにどのように影響しているかについて話している。個々のシステムの管理に不満が70%ある場合、同じアプローチをより複雑なモデルにどのように適用できますか?
Netuitiveのアプローチは、システム管理に分析レイヤーを追加して、「データを直感的にし、例外に自動的にフラグを立てることができるようにする」ことだとSannaは言います。同社は、Orbitz、AT&T、Wachoviaなど、このアプローチでかなり大きなクライアントを獲得しています。

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*